【興味あること全部やろう】

Pocket

幼い頃誰しも漠然と将来の夢があったと思います。
小さい頃の夢って覚えてないけどおかんが残してる文集に警察官になりたいです。と書いてあったのを観た記憶があります。
後々、お世話になることもその当時はわからずピュアにそう思ったんだと思う。

結構、俺自身今でも夢見る少年なのに多々夢も目標もあります。
現実的に資本主義の世の中金です。金がある奴が強い!!認めたくない人わかるよ・・・。
でも金の話嫌う日本人は、豊かだからそう思うわけで家庭を壊す原因が金だった俺からしたら綺麗事なんだよね。
特に年をとればとるほど金で判断される。病気になった時、銀行で金借りる時、職業まで全てみられるでしょ?
あくまで俺は、道具で時間のほうが大事だと本気で思ってるけどその時間楽しむ為にも金は必要です。

人生は、長いようで短い。そんなことがわかる年頃になりました。(現在35歳来月36歳30代後半です。)

他人は、そんなに観てないし誰の人生を生きるのか。主人公は、自分な訳で自分が死んだことで家族や仲の良い人は泣いてくれるかもしれないけど普通に回る。自殺とか本当に勿体ない。
俺には、一人の息子がいるのですが切迫流産で生死をさまよって何不自由なく産まれてきてくれました。
そうゆう奇跡的なことを私生活で感じて幻冬舎の箕輪厚介さんの本のタイトルにのある死ぬまでこと以外かすり傷だと本当に心から思う。
単純に善きも悪きも自分の行動で周りが何かの影響を受けていたら生きている価値ってあるんじゃないかな。

                                 終